HOME » 季節の会席 » 10月 神無月の会席料理

10月 神無月の会席料理

古来、旧暦の十月は日本の八百萬(やおよろず) の神々が、島根県大社町の出雲大社に集まって一年の事を話し合うという伝承にもとづいて、出雲以外には神様が居なくなる月ということで神無月(かんなづき)といい、出雲地方だけは、この月を神在月(かみありづき)というのだそうです。出雲大社は縁結びの神様としても信仰されています。十月は、まさに収穫の時期で、稲刈りが行われ、山々には松茸をはじめとするキノコや栗などの木の実がたわわになる実りの季節です。

海のもの、里のもの、山のもの、出会いの滋味を存分にお楽しみください。


十月 神無月のお献立

お一人様:3,000 Baht の内容です。

- 先付 -

本日の酒菜

- 八寸 -

鰊翁焼き(にしんおきなやき)
子持ち昆布・床節素焼き・むかご挽き茶揚げ・
海老菊花黄身寿司 ・赤土湿地(あかつちしめじ)・ずんだ餅

- 椀 -

松茸土瓶蒸し 松茸・鱧・海老・鶏・銀杏・三ッ葉・酢橘

- 造り -

日本物鮮魚盛り合わせ 妻・薬味色々

- 鉢肴 -

朴葉 味噌焼(ほおばみそ)
尼鯛・海老・湿地・青唐・はじかみ

- 煮物 -

蕪湯葉茶巾(かぶらゆばちゃきん)
小茄子・菊菜・海老・鶏・椎茸・紅葉麩・銀あん・柚子

- 揚物 -

蟹真薯俵揚げ(かにしんじょたわらあげ)
紅葉丸十・舞茸・アスパラガス・美味出汁

- 強肴 -

生牡蠣 紅葉ソース レモン添え

- 食事 -

吹き寄せおこわ ⁄ 栗・銀杏・しめじ・むかご・人参

- 香の物 -

- 止椀 -

赤出汁 滑子

- 水菓子 -

ラ・フランス (洋なし)

※献立内容は仕入れの状況により替わる場合がございますので、ご了承ください。
ご予算、目的に応じコースメニューをご用意いたしますので、お気軽にご相談下さい。