HOME » 季節の会席 » 9月 長月の会席料理

9月 長月の会席料理

陰暦で9月のことを「長月」とよびます。新暦では10月頃にあたりますが、夜がだんだん長くなる「夜長月(よながつき)」が長月の語源として最も有力とされています。他に「稲刈月(いねかりづき)」「稲熟月(いねあがりづき)」「穂長月(ほながづき)」など、稲を刈り取る時期で「長」は、稲が毎年長く実ることを祝う意味からとったという説や、「長雨月(ながめつき)」「寝覚月(ねざめつき)」など多くの別名があります。

大風を凪ぎ、稲穂の実りを祈る月

9月1日は、二十四節気 (雑節) でいう「二百十日(にひゃくとおか)」立春か数えてら210日目。 この時期は稲が開花し結実する大事なときですが、台風の時期でもあり、農作物が被害を受けてしまうので、厄日とか荒れ日などとされてきました。また、立春から220日目の「二百二十日」も厄日とされています。旧暦8月1日の「八朔(はっさく)」とともに古くから農家にとっての厄日です。 丹誠込めて育てて来た稲や作物が「野分(のわけ)」(台風) の被害を受けないように祈ります。

新穂を刈り取り、神に捧げる「穂掛け祭り」や、風よけの守り鎌を掲げる「風祭り」いずれも「二百十日」のお祭りです。 夜通し踊る幻想的な踊りで有名な「風の盆」毎年9月1日から3日にかけて行なわれている「おわら風の盆」は富山県を代表するお祭りです。(一度は観に行ってみたいものです。) このお祭りにもまた「風」の名が冠されていることからもわかるように、収穫の季節を前に「風除け」と「五穀豊穣」を祈った古人の気持ちの現れでしょう。 このように日本古来の昔の暦は、自然をおそれうやまう気持ちの現れであったのだと言えます。

さて、九月は、山、海、川、里の幸も豊かに実ります。零余子(むかご)、ぎんなん、菊花などは秋の到来を感じさせるのに充分な食材です。「旬の松茸、名残の鱧」は "出会いの物" と呼ばれていて、出汁の味、松茸の香り、鱧の豊かな味、三拍子そろった土瓶蒸しが味わえます。さらに秋を代表する秋刀魚(サンマ)。いずれも食欲の秋にふさわしいものです。新鮮な旬のサンマは是非とも刺身にして召し上がってください。今月のお献立のご案内です。秋の始まりを感じていただけたら幸いです。


九月 長月のお献立

お一人様:3,000 Baht の内容です。

- 先付 -

本日の酒菜

- 八寸 -

萩茶巾(はぎちゃきん)
赤土湿地(あかつちしめじ)
酒盗柿玉子(しゅとうかきたまご)
烏賊紅葉焼(いかもみじやき)
零余子カステラ(むかごカステラ)
手長海老豊年揚げ(てながえびほうねんあげ)
新銀杏(しんぎんなん)

- 椀 -

松茸土瓶蒸し
早松茸、ハモ、鶏笹身、海老、三ッ葉、酢橘

- 造り -

日本産鮮魚盛り
芽もの、妻もの、山葵

- 鉢肴 -

秋刀魚東雲焼き(サンマしののめやき)
栗蜜煮・菊蕪

- 煮物 -

菊花蕪海老射込み
小茄子・紅葉麩・菊花あん、春菊・柚子

- 揚物 -

海老真丈 柿見立て
青唐 美味出汁

- 強肴 -

柿なます 釜盛り
柿、ズワイ蟹、焼き椎茸、三ッ葉、なた豆の花

- 食事 -

松茸御飯

- 香の物 -

- 止椀 -

赤出汁 滑子

- 水菓子 -

有の実 (ありのみ)・巨峰葡萄以上

※献立内容は仕入れの状況により替わる場合がございますので、ご了承ください。
ご予算、目的に応じコースメニューをご用意いたしますので、お気軽にご相談下さい。