HOME » 季節の会席 » 7月 文月の会席料理

7月 文月の会席料理

7月、文月(ふみづき•ふづき)の献立をご案内致します。夏の到来とともに旬を迎える産卵前の「ハモ」は昔から「梅雨の水を飲んで一番おいしくなる」といわれています。本当に味わいのある魚で、さまざまな料理として味わえるので「魚」篇に「豊」という字を当てた意味がよくわかります。また、京都の祇園祭は別名「鱧祭り」といって、ハモは京都や大阪の夏祭りには欠かせない祝い魚です。関西地方では「切り落とし」や「ハモちり」として梅肉しょう油やポン酢で食べる夏のハレの料理です。

7月は「七夕」や「土用の丑(うし)」など行事が多く、イシモチ、イボダイ、タカベ、真ダコ、穴子、スズキ、コチ、イシダイ、キス、アユ、ウナギ、アワビなどが行事食に使われます。「アジ」は一年を通して味が良いおいしい魚です。夏祭りの頃に脂がのって、一番の旬とされています。

「素麺(そうめん)」が、「七夕」の行事食であるのは、日本古来の「棚機つ女(たなばたつめ)の伝説」と織姫と彦星の「天ノ川の伝説」が合わさった日本の行事で、織物の上達を願い、五色の糸になぞらえた「五色そうめん」を食べるようになったからです。古くから「麺類」は細くて長いということで、長寿を願ってのハレの料理とされてきました。

この時期の野菜はどれも色鮮やかです。胡瓜、白瓜、南瓜、冬瓜、なす、青唐辛子、枝豆、芋茎(ずいき)、蓮芋(はすいも)など、「露地物(ろじもの)」がおいしい季節となります。初夏に出回る「新ごぼう(夏ごぼう)」はやわらかで香りもよく、芯を抜いて「管ごぼう」にして煮物にします。

夏のさわやかな香りと食感を、今月ならではの組み合わせでお楽しみいただければと思います。


七月 水無月のお献立

お一人様:3,000 Baht の内容です。

- 先付 -

本日の先付

- 八寸 -

煮梅 (にうめ)
鬼灯サーモン黄身寿司 (ほおずきサーモンきみずし)
朝顔千代久甘海老酒盗和え (あさがおちょこ)
遠山鮑 (とおやまアワビ)
鮎有馬煮 (アユありまに)
白瓜諸味寄せ (しろうりもろみよせ)
松葉独活羹 (アスパラかん)

- 椀盛 -

鱧真丈 (ハモしんじょ)、梅そうめん、
管牛蒡 (くだごぼう)、順才 (じゅんさい)、梅肉

- 向附 -

日本産鮮魚盛り
芽もの、妻もの、山葵

- 鉢肴 -

梭子魚利休焼 (カマスりきゅうやき)
山葵羹 (わさびかん)、はじかみ

- 煮物 -

鴨、蓮根饅頭 (れんこんまんじゅう)、
小茄子オランダ煮、海老芝煮 (エビしばに)、楓麩 (かえでふ)、
オクラ 陸蓮根 (おかれんこん)、木の芽

- 揚物 -

射込み万願寺唐辛子 (まんがんじとうがらし)
海老真丈 (えびしんじょう)、帆立真丈 (ほたてしんじょう)、
舞茸、赤おろし、美味出汁 (うまだし)

- 強肴 -

鱈場蟹葛水仙巻き (タラバガニくずすいせんまき)
敷黄身酢 (しききみず)、酢取茗荷子 (すどりみょうがこ)

- 食事 -

鰺ばってら、がり

- 止椀 -

しじみ赤だし

- 水菓子 -

桃、巨峰

※献立内容は仕入れの状況により替わる場合がございますので、ご了承ください。
ご予算、目的に応じコースメニューをご用意いたしますので、お気軽にご相談下さい。