HOME » 季節の会席 » 5月 皐月の会席料理

5月 皐月の会席料理

五月は田植えの時期、山に住んでいた「田の神」が、満開の桜を合図に人里におりてきます。 五月を「さつき」というのは、古語である「さ」が「耕作 (特に稲作)」を意味していて「さつきの“皐”」という漢字は「神にささげる稲」を指すことから、田植えの時期である五月を「皐月」と呼ぶようになったと考えられています。タイでの5月は、本格的な雨期に入る前。ソンクラーンの後で大変暑く、照りつける太陽には圧倒されます。

そんなタイで暑さバテにならないよう、ビタミン豊富でコラーゲンたっぷりのスッポンの「丸吸」を今月の「椀もの」にご用意いたします。日本料理で滋養強壮の高級食材とされるスッポンは、10月から4月まで半年以上もの冬眠から目覚め、5月から活動を活発にし、卵をたくさんもつようになります。(半年以上も冬眠する生命力がすっぽんの真髄です。)とにかく美味しい出汁がとれますから、是非お試しいただければと思います。


五月 皐月のお献立

お一人様:3,000 Baht の内容です。

- 先付 -

本日の先付け

- 八寸 -

粽(ちまき)
鯉煎餅(こいせんべい)
沢蟹つや煮
ミニトマト蟹サラダ羹
わらび烏賊
射込み青唐(いこみあおとう)
きぬかつぎ

- 椀 -

丸吸
丸豆腐、芽葱、うす餅、木の葉生姜

- 造り -

日本産鮮魚三点盛り

- 鉢肴 -

鮎塩焼き、蓼酢、はじかみ

- 煮物 -

年輪竹の子 木賊あん(とくさあん)、
楓冬瓜(かえでとうがん)、あやめ麩
菜花、口、木の芽

- 揚物 -

蟹つと揚げ
たらの芽、赤卸し、美味出汁

- 強肴 -

蛸梅肉あえ、独活

- 食事 -

鯛茶漬け
香の物

- 水菓子 -

メロン

※献立内容は仕入れの状況により替わる場合がございますので、ご了承ください。
ご予算、目的に応じコースメニューをご用意いたしますので、お気軽にご相談下さい。