HOME » 日本の旬・季節の行事 » 稲穂が実り、新穀を神に捧げ、豊作に感謝する豊穣の秋

稲穂が実り、新穀を神に捧げ、豊作に感謝する豊穣の秋

秋の行事(9月・10月・11月)

秋祭り ⁄ 収穫祭

月見酒
  • 二百十日 … 9月1日 ⁄ 台風が来て天気が荒れやすい時期で、稲の出穂期にも当たるため、八朔(旧暦8月1日)や二百二十日とともに、農家の三大厄日とされています。
  • 八朔(はっさく) … 八月朔日の略で、旧暦8月1日のこと。この頃、早稲の穂が実るので、農民の間で初穂を恩人などに贈る風習が古くからありました。「田の実の節句」ともいう。この「たのみ」を「頼み」にかけ、武家や公家の間でも、日頃お世話になっている人に、その恩を感謝する意味で贈り物をするようになりました。
  • 重陽の節句 … 9月9日 ⁄ 五節句の一つで、旧暦では菊が咲く季節であることから「菊の節句」とも呼ばれます。邪気を払い長寿を願って、菊の花を飾り、菊の花びらを浮かべた酒を酌み交わして祝います。陰陽思想では奇数は陽の数であり、陽数の極である9が重なる日であることから「重陽」と呼ばれます。奇数の重なる月日は陽の気が強すぎるため不吉とされ、それを払う行事として節句が行なわれていたのです。九は一桁の数のうち最大の「陽」で、特に負担の大きい節句と考えられていました。後、陽の重なりを吉祥とする考えに転じ、祝い事となったものです。
  • おくんち・(御)九日 … 10月9日(旧暦の9月9日)重陽の節句に行われた祭 ⁄ 九州北部における秋祭り。収穫を感謝して奉納される祭。(10月7日から9日まで)長崎くんち(長崎県長崎市)・唐津くんち(佐賀県唐津市)・博多おくんち(福岡県福岡市)など。
  • 彼岸・彼岸会(ひがんえ) … 雑節の一つで、春分・秋分を中日とし、前後各3日を合わせた7日間のこと。お供え物としての「おはぎ」(秋の萩に由来する。春は「ぼたもち」)。彼岸花(ヒガンバナ) ⁄ 秋の彼岸ごろから開花する(これを食べた後は「彼岸(死)」しかないと、不吉であると忌み嫌われる。)
  • 社日(しゃにち) … 産土神(生まれた土地の守護神)を祀る日。秋のものを秋社(しゅうしゃ、あきしゃ)といい、その年の収獲に感謝する。秋分に最も近い戊(つちのえ)の日が社日となる。(9月19日2013年・9月24日2014年)里芋を供物にする「芋名月」。「十三夜」は「栗名月」とか「豆名月」と呼ばれています。「里芋・月見団子・栗ごはん・豆 ⁄ 9月~11月は里いもの収穫期の「芋祭り」。
  • お月見・十五夜 … 里芋を供物にする「芋名月」。「十三夜」は「栗名月」とか「豆名月」と呼ばれています。「里芋・月見団子・栗ごはん・豆 ⁄ 9月~11月は里いもの収穫期の「芋祭り」。
  • 仲秋の名月 … 9月15日 ⁄ 陰暦での秋は、7月、8月、9月の三か月で、8月はその真中にあたるところから「仲秋」といわれています。 新暦では、9月下旬から10月中旬の間にあたります。中国では古くからこの日を「中秋節」(旧暦の 8月15日)としています。
  • 新嘗祭 … 宮中祭祀のひとつ。大祭。収穫祭にあたるもの。 11月23日に、天皇が五穀の新穀を天神地祇(てんじんちぎ)に進め、また、自らもこれを食して、その年の収穫に感謝する。

魚介

サバ・サンマ・イワシ・コハダ・秋味(サケ)・マス・
真鯛・穴子・アワビ・伊勢エビ・車エビ・サイマキ海老・
戻り鰹・キンメダイ・サワラ・アマダイ・オコゼ・
キンキ(キチジ)・イボダイ・・ハタハタ・ブリ・ムツ・
マナガツオ・フグ小柱・スルメイカ・平貝・トコブシ・ナマコ

野菜

秋なす・ぎんなん・栗・柿・むかご・山芋・里芋・
はす・唐辛子の葉・春菊(菊菜)・水菜・
イチジク・蕪・にんじん・大根・白菜・ほうれん草・
きのこ(えのき・エリンギ・きくらげ・しめじ・
なめこ・ひらたけ・ぶなシメジ・舞茸・松茸)

香りもの

菊の花・ゆず