HOME » 伝統に学ぶ / 食文化 » 箸とおもてなし

箸とおもてなし

たかが「お箸」されど「お箸」

箸とおもてなし画像1

箸は日本人にとって、本当に大切な道具の一つだと思います。箸は、子供が生まれ、お喰い初めで初めて使い、亡くなると火葬をしてお骨を箸で拾い、茶碗にご飯を盛って立て箸をする。そして使い終わった箸を二つに折って捨て、他の誰にも使わせないようにする。また、家庭では、お父さんの箸、お母さんの箸と各自が使う箸がしっかり決まっているのも、日本人独特の習慣です。

日本の膳・椀・箸の文化は実に多彩で、これほど多くの器を使った料理文化は他には見られないでしょうし、中国をはじめとする他のアジアの「箸食文化圏」のなかでも日本の箸文化は古くから独自に発展してきたものといえます。


「ハレ(晴れ)」と「ケ(褻)」

箸とおもてなし画像2

日本には昔から「ハレの日」と「ケの日」がありました。祭りやお祝いの日 (非日常的な、特別に改まった特別な日)を「ハレの日」といい、その他の日(日常的、普段の日)を「ケの日」といいました。昔は、ハレの日には、尾頭つきの魚・餅・白米・酒などのご馳走が食べられましたが、それ以外の ケの日には粟、稗(ヒエ)、芋など粗末なものを食べて質素に暮らしていたのです。現在はいつでも美味しい物がいただけますから、ハレとかケとか折り目・節目がはっきりしなくなってしまいましたが何かおめでたいことがあった時には、赤飯を炊いたり、お節料理など縁起を担いだものを用意するなど、ハレの日の料理は残っています。

おもてなしのお箸 ハレのお箸とケのお箸

料理屋の格は箸でわかるなどとも言われますが、箸にも「ハレの箸」と「ケの箸」があります。ハレの日には両端が細い両口箸「ハレの箸」、ケの日には片方だけが細い片口箸「ケの箸」を使います。「ハレの箸」が両細になっているのは、片方は、神様がお使いになり、もう片方は人間が使うという意味があって、まさに神様と人間の橋渡しの役を担った「箸」というわけです。(奈良の東大寺の二月堂で行われているお水取り、正式には修二会の行事でも両細の箸が使われて、練行衆の食事が終わると膳が下げられ、童子とよばれる手伝いの男衆が、練行衆が使用した箸を返し、未使用の方を用いて食事をします。これは、両細の箸が仏界と俗界を結ぶという意味があるのだそうです。)

また、料理屋で使う箸の中でも「柳の素材の祝箸」は箸の中の箸とされています。祝箸はお正月だけでなく、婚礼、成人式、誕生祝、お節句、喜寿祝といったあらゆるお祝事の際に用いられています。雪どけを待ちきれないかのように真先に芽吹く柳の木を使うのは、縁起が良く、心を清め、祝いの膳に節度を正す気持ちがこめられているからです。特にお祝い用なので、折れたりしたら縁起が悪いですから、丈夫で折れにくい柳が使われているわけです。(天翠では、この柳の箸は使っていませんが . . 杉の天削(てんそげ)と利久(りきゅう)を使っています。)

利久箸(りきゅうばし)

箸とおもてなし画像3

茶人「千利休」は、茶懐石に使うために吉野杉で自ら「中平両細」の両口箸を一膳一膳削って、お客をもてなしたと伝えられています。道具そのものの格よりも、心と心の交流を何よりも大切に、おもてなしのために作られたものが「利久箸」です。 

この千利休の心遣いが形になったお箸「利久箸」を、「天翠」でも、大切なおもてなしや特別な日のお祝いの席には使います。(「利休」ではなく「利久」なのは、商いをする人間が「利を休む」ことはいけないと「利久箸」と書きます。) 普段は「天削箸 (てんそげばし)」という頭部を大きく斜めにカットし、ヘラのような形に削ったものを使っています。この箸の特徴である天を削いだ形は、日本の神社の屋根にそびえる千木を形どっていて「利久箸」と同じく、天の恵みを受けて神との共食を象徴しています。

自然と人間、神と人をつなぐ聖なる道具が箸

古代より日本人は、神々が息づく自然の中で、その恵みを受けて生きてきました。 箸は、日々の糧を口に運ぶ道具であり、神々と人をつなぐ架け橋でもあったわけです。神様が宿るものは、お箸一つであっても、意味深いものです。


食育としての箸

箸のもつ多彩な効用

箸は多彩な機能をもっていて、摘む、挟む、支える、運ぶという基本から、切る、裂く、解す、剥がす、掬う、包む、載せる、押える、分けるなどの特殊な機能を備えたとても便利な道具なのです。今日、多くの子供達の箸の持ち方がおかしいと云われていますがその傾向は減少していないのではないでしょうか。毎日の食事の中での正しい作法としての箸使いを親が子供に教え、伝える事は、生活の基本として、日本の伝統を次代に伝える大切な事に思えます。日本古来よりお箸は、使う人により優雅に美しく感じられます。(京の舞妓さんの箸使いはとても優雅でした。。)是非、日本人として美しい箸の使い方を正しく身につけたいものです。

お箸の効果

お箸を正しく、上手に使うことで、手先、指先が器用になる。

指先の繊細な運動による神経の発達、脳への刺激が脳の発達を促す。

いったいどうして些細な、箸使いが大切なのかという事を考えることで、美しい動きをまね、物事を知り、考察する事への興味を持つ。など、お箸の使い方ひとつを訓える事で、幼児期の子どもに必要とされる教育的効果を多様に得ることができるといわれています。その成果として、

・落ちつきができた。

・集中力がついた。

・手先が器用になった。

・性格が明るくなった。

など多くの事例があがっています。つまむ、ひねる、通す、折る、貼る、縫うなど「指先の使いこなし」を学ぶのは4歳前後で、この時期にそのような環境がないと学童期に緻密な作業が苦手になってしまいます。

「手は心の道具です」
“The hand is the instrument of the mind.” (Dr. Maria Montessori) 


古人 (いにしえびと) の想いが込められた「日本の箸」。
大切に、料理を通して伝えてゆければと、あらためて思うしだいです。